乳酸菌とビフィズス菌の違いとは?

乳酸菌と言えば、『ビフィズス菌』を思いつく方も多いと思いますが、実はビフィズス菌は正式には乳酸菌とは違うのです。ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれているので、乳酸菌の一種であると認識しやすく、またその効果なども大変似ています。

 

どちらも腸内で乳酸を作って悪玉菌をやっつけたり、身体の免疫を高めたりといった効果は大体同じですが、ビフィズス菌は乳酸以外に「酢酸」や「キ酸」なども生成することができるのです。また、ビフィズス菌は本来もともと身体に住んでいる善玉菌の一つで、酸素の無い所では生きることが出来ないため大腸が生息場所となっています。一方、乳酸菌は酸素がある所でも生きることができるので、腸以外に口の中などにも生息しています。この違いが生物学的には大きいようです。ヨーグルトは乳酸菌よりもビフィズス菌の方が多く含まれています。ビフィズス菌が産生する酢酸の殺菌作用を高めることが理由であると言るでしょう。

 

しかし、これ以外にはさほど違いが無く、腸内バランスを整えたり抵抗力を強めるために摂取する分にはどちらも同じ効果があるので一般的にはあまり変わりません。乳酸菌もビフィズス菌も意欲的に体内に取り入れ、腸の健康や免疫力を上げることを心がげてみてはいかがでしょう?

乳酸菌 ビフィズス菌 比較

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも人体に生息している善玉菌であることに変わりはないのですが、よくよく調べると違う点がいくつかあります。
用途によっては求められる働きが違うので、参考程度に見てみてください。

 

ビフィズス菌
人間の腸内で最も多く生息している善玉菌で、主に大腸の中に居ます。
酸素のあるところでは生きていくことが出来ない菌ですが、免疫活性力が強く乳酸意外にも酢酸やギ酸といった酸を生成する働きがあります。
酢酸やギ酸には抗菌作用が強く、大腸菌などの抑制や定着を防ぐ働きがあるともされています。

 

乳酸菌
人間の腸内の他にも口腔内や女性の膣内にも生息しており、ウイルスや病原菌の感染を防ぐ働きをしています。
空気のある所でも生きることが出来るので、一般的にヨーグルトや漬物の加工にもよく用いられているポピュラーな菌です。

 

どちらも人体に有益な善玉菌で、免疫力の向上や腸内環境の正常化としての働きは同じなのでその点ではあまり差はありません。
しかし、酢酸やギ酸はビフィズス菌のみが生成します。
この酢酸というのは殺菌作用が強いので、大腸菌や食中毒の予防面を期待するのであればビフィズス菌を摂取する必要がありますね。

 

乳酸菌自体にもさまざまな菌種があることが研究などを経て解っています。
菌それぞれに違った作用や働きがあるので、詳しく調べてみるのもいいのではないでしょうか。
用途や効能によってさまざまな菌を使い分けてみるのも面白いかもしれませんね。

乳酸菌とオリゴ糖の関係

乳酸菌を効果的に身体に取り入れる方法の中に、実はあまり知られていないことがあります。それは、「オリゴ糖」と一緒に摂取することで、乳酸菌やビフィズス菌の効果を上げることです。

 

乳酸菌はその仕組みから、腸まで生きたまま届かない場合もあるのです。動物性乳酸菌ですと、胃酸や胆汁に弱く、消化途中で死滅してしまうことも考えられます。植物性乳酸菌は動物性のものに比べて生命力が強く、比較的腸まで生きて届きますが、やはりそのままずっと腸で生き続けることはできません。乳酸菌は毎日長期的に取り続けなければ、なかなか効果が出にくいのはそのためです。

 

乳酸菌の一日必要摂取量は1兆個ほどとも言われていて、毎日これだけの量を取り続けることは少し難しいでしょう。善玉菌は悪玉菌に比べて弱いので、数が減るとどんどん悪玉菌が勢力を増してしまい、腸内環境が悪くなってしまいます。

 

そうならないために、毎日少しでも乳酸菌を継続的に取りながら、オリゴ糖も一緒に摂取することが望ましいでしょう。オリゴ糖は乳酸菌の栄養となって乳酸菌を増やす働きをします。オリゴ糖は玉ねぎや、ねぎ、バナナ、にんにく、ごぼう等に多く含まれていますので比較的取りやすいと思います。乳酸菌の効果を高めたい人は、ぜひ意識してオリゴ糖と乳酸菌を意欲的に取ってみましょう。